NEWS

不正利用の検知システム「Performance Keeper」においてアプリデベロッパーとデータ連携、広告効果計測ツールのデータと組み合わせた不正検知を開始

株式会社CA Wise(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:堂前 紀郎 以下CA Wise)は、アプリインストール型広告における不正利用の検知システム「Performance Keeper (パフォーマンスキーパー)」において、アプリデベロッパーとデータ連携を行い、広告効果計測ツールのデータと組み合わせた不正検知を開始いたしました。

「Performance Keeper」は、アプリインストール型広告における不正利用検知・対策の研究組織「BOSATSU®」が開発した不正利用検知システムです。 昨今、アプリ起動数や課金額などのデータにおいて、アプリデベロッパーが管理している数値と広告効果計測ツールで計測された数値に乖離が生じるケースが見受けられます。

本連携では、アプリデベロッパーのシステムと「Performance Keeper」とのデータ連携を直接行い広告効果計測ツールのデータと突き合わせることで、乖離を検知し不正判定を行います。不正と判定された場合は成果対象外となり、広告プロモーションの正常化につなげていきます。

CA Wiseでは、今後も高度なアドテクノロジーを活用し、更なるサービスの拡充をするとともに、運営ネットワークの取り扱いメディアのさらなる拡大を図って参ります。

株式会社CA Wise ニュースリリース担当
ニュースリリースに関するお問い合わせはこちら